岩橋美術発行 複刻 江戸切絵図 全32図 参考資料
尾張屋版「江戸切絵図」の特色
江戸切絵図の 
近江屋板と尾張屋板

江戸切絵図は、江戸城下を幾つかの区域に分割し、主に武家屋敷名、寺社名、地名を記録した区分絵地図です。

江戸切絵図板元の一つの尾張屋(金鱗堂)は、江戸時代末期の嘉永2年(1849)から文久3年(1863)までの15年間に32種の切絵図を世に出し、その後明治3年まで改正版、重版を出していきます。

尾張屋の江戸切絵図が扱っている地域を現在の東京で見ると、おおよそJR山手線沿線内に加えて、東は江戸湾岸沿いまでと、隅田川を渡った本所・深川・向島の地域です。

武家屋敷、神社仏閣、町家等を訪ねる時のナビや、お花見など遊興地への道案内として重宝されただけでなく、地方から来ている勤番侍が国元へ帰郷する際の“江戸土産”となって全国に広がっていきました。

 

1 近江屋板「江戸切絵図」(個人蔵)




2 右図 近江屋板「下谷三ノ輪浅草三谷辺之絵図」
嘉永3年部分(個人蔵)

下図4の尾張屋板「浅草絵図」と同じ地域
   

江戸全域を一枚の大きな台紙に収めた江戸大絵図に代わって、小さく区切った切絵図を最初に板行したのは吉文字屋と言われています。宝暦5年(1755)から安永4年(1775)にかけて、20年間に8図出したところで終わっています。

次に切絵図を出したのは江戸麹町にあった荒物屋の近江屋五平で、吉文字屋板が止まってから70年後の弘化3年(1846)の初出でした。(上図1,2)

近江屋五平の荒物店は、武家屋敷が密集している番町の入口にあたる麹町十丁目にあり、武家屋敷を訪問する人のために自作した“武家屋敷案内図”が好評だったことから、改めて地図出板者近吾堂の届けを出して、江戸全域の切絵図を制作販売していくことになります。
(江戸の地図屋さん 俵元昭 吉川弘文館)

近吾堂は、弘化3年から販売を止める安政3年までの10年間に43種(江戸切絵図集成 中央公論社)の切絵図を板行し、そのうちの14図を計27回ほど重版しています。

上図2図が近江屋板の表装と絵図面です。



3 尾張屋板「江戸切絵図」(個人蔵)



4 右図は尾張屋板「今戸箕輪浅草絵図」
嘉永6年部分(個人蔵)

上図2の近江屋板「浅草絵図」と同じ地域
   

麹町六丁目にあった絵双紙屋を営む尾張屋清七(金鱗堂)が江戸切絵図を初出するのは、近吾堂に3年遅れる嘉永2年(1869)でした。

近吾堂が武家屋敷の多い番町絵図を最初に出し、続いて永田町、駿河台小川町、と武家町から板行していったのに対し、尾張屋は最初にお城周りの大名小路絵図を出した後、日本橋南と日本橋北の町屋(商店街)地区を板行していきます。

絵図の仕上がりについて見ると、 近吾堂板が薄青、黄、墨に一部薄緑を入れた淡彩3~4色刷の絵地図だったのに対し、尾張屋板は、赤、黄、青、緑、灰、黒など、濃彩6色~7色を使った彩色絵地図でした。(上図3、4)

大名の上屋敷の正門位置に朱の家紋を入れ中屋敷には、下屋敷にはを付けて、上・中・下屋敷の識別が出来るようにしたのも尾張屋の工夫でした。朱塗りの家紋が何個も入った絵図は華やかになりました。(下図5、6)


5 上図 尾張屋「音羽絵図」嘉永6年の凡例(国会図書館蔵)
御紋は大名の上屋敷、■中屋敷、●下屋敷を示す凡例。


6 右図 家紋の付いている大名屋敷は上屋敷、
■中屋敷、●下屋敷を示している。
「京橋南築地絵図」文久元年(個人蔵)
 


尾張屋板・江戸切絵図の形とサイズ

尾張屋板の切絵図原本は、すべてタテ16.7㎝、ヨコ9.5㎝に折りたたまれ、
薄浅黄色の厚紙を表面と裏面に貼って表装し、表紙には子持ち罫の枠内に絵図名を墨刷りした題箋が貼られています。題箋のサイズは、文字の多少にかかわらずタテ11.3×ヨコ2.7㎝です。


弊社複刻の「江戸切絵図 全32図」の絵図を広げた時の大きさと形は大別して5種類ありました。
1、正方形に近い形 約50×54㎝ 25図
2、長方形A 約38×73㎝型 3図 芝高輪辺絵図 駿河台小川町絵図 小日向絵図
3、長方形B 約74×54㎝型 2図 深川絵図 本所絵図
4、長方形C 約49×90㎝型 1図 下谷絵図
5、長方形D 約36×66㎝型 1図 八町堀細見絵図
正方形型が25図、長方形型が4種類7図となります。(全32図一覧の〈サイズ〉欄参照)

長方形の切絵図にはタテ・ヨコの比が約1対2に近いのがあります。それは、近江屋版の正方形2図分の地域を長方形1枚で見られるようにした尾張屋の工夫がうかがえます。

例えば本所・深川地域を、近江屋板は「本所猿江亀戸辺図」「北本所中ノ郷石原辺図」「「南本所竪川辺図」「深川之内小名木川ヨリ南之方一円」の4図にしていますが、尾張屋板は74×54㎝の大判縦長長方形で「本所絵図」{深川絵図」の2図に収めています。
また、尾張屋板で最も大判(49×90㎝)きく、索引項目も最多(約1340項目)の「下谷絵図」では、近江屋板の「外神田下谷辺絵図」「上野下谷辺絵図」を1枚に収め、神田川沿いの町屋地区から上野の寺院群までが一目で俯瞰出来るように工夫されています。

各切絵図は和紙を貼り合わせたのを台紙としていました。正方形型は2枚、長方形型は2~4枚、1枚ものはありません。1枚の和紙のサイズは最大が約50×36㎝、最小は約24×17㎝(深川絵図、本所絵図)。

「八町堀細見絵図」を加えて、サイズの違う5種類の絵図をすべてタテ16.7㎝、ヨコ9.5㎝に折りたたむには、折り方と表紙・裏表紙の貼り位置がそれぞれ5通りあることになります。

5種類の折り方と表紙の貼り位置については、それぞれの裏面写真をご覧ください。すべて原図と同じ折り方、貼り位置で仕上げています。正方形型長方形型A長方形型B長方形型C長方形型D、参照

近江屋が安政3年で切絵図の板行を止めた翌年、尾張屋はそれまで板行した絵図の内の21図を一挙に重版して全26図(28図?)の「江戸切絵図セット販売」をやっているようです。

以降明治3年までの14年間に4図の新版と73図の重版を続けていきます。(尾張屋板江戸切絵図の板行年表



参考文献 
江戸切絵図集成  齋藤直哉 朝倉治彦 中央公論社 1981-84
江戸図の歴史 別冊・江戸図総覧 飯田龍二 俵元昭 築地書館 1988
江戸切絵図と東京名所絵 白石つとむ 小学館 1993
嘉永慶応 江戸切絵図 人分社 1995 
江戸切絵図の世界 別冊歴史読本 60号 1998

文責・岩橋文武 2014©

〈 尾張屋板「江戸切絵図」の終焉〉に続く
 

  
 江戸切絵図の     全32図一覧へ     区分一覧へ     板行年一覧へ     収納ケースへ     





制作・発売元
岩橋美術


〒285-0922
千葉県印旛郡酒々井町中央台3-3-1
中央台ハイツ5-104
電話 043-496-7454 Fax043-496-7482
メールinfo@iwabi.jp  URL:iwabi.jp


Copy right(C). 2004-2007 iwahashibijutsu all rights reserved. 
禁無断転載
 
江戸切絵図21 今戸箕輪浅草絵図